人権派の文在寅大統領、北朝鮮の亡命希望者を北朝鮮へ強制送還し地獄送りにする。

韓国

文在寅、北の亡命希望者を「強制送還」で地獄送りに

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が今月7日、亡命を希望した20代の北朝鮮船員2人を北朝鮮に強制送還したことをめぐって、国内外で批判が相次いでいる。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、送還された2人が本国で「拷問、処刑に遭う危険性」を憂慮。国連の北朝鮮人権特別報告者は近く、韓国政府に事情を聴く。事件は、国会出席中だった政府高官の携帯電話メールがメディアに撮影されるという偶然から発覚する異例の経緯をたどっており、それまで2人の存在すら公表していなかった文政権には、事件を隠蔽しようとしたのではないかとの疑いの目も向けられている。

韓国では典型的な左派であり人権派弁護士でもあった文在寅大統領は、北朝鮮からの亡命者二人を北朝鮮に送り帰したことが話題になっています。北朝鮮から逃れたきた人物を送り返すことは、そのままその亡命者の死に繋がることは簡単に推測でき、国際機関も文在寅大統領のこの決定に憂慮を示しています。

結局、文在寅大統領には人権、公正などの理念などなく、ただ単に金正恩政権と問題を起こしたくないという思考が透けて見えるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました