藤原帰一「戦争の条件」

書評です。

戦争の条件 (集英社新書)

戦争の条件 (集英社新書)

  • 作者: 藤原帰一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: 新書

国際政治学者として有名な藤原帰一氏が書かれた本です。

国際政治で問題になっていること、領土問題・紛争・歴史認識・ナショナリズムについて例を挙げながら述べていきます。

たとえば「A国に侵攻されたB国が、第三国であるC国に派兵を求めてきた、C国はどのような行動をとるのだろうか」という問いを上げながら、国際政治ではこのようなことが過去に行われ、このようなことが問題になっているという具合に、国際政治学について解説しています。

そのような問いから、私たちが国際政治をどのような視点で読み解けば良いのか、この本は示してくれました。戦争の条件とは、逆説的に言えばすなわち平和の条件でもあり、他国との戦争を防ぐためには、やはり国際政治学の理解は欠かせないものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました