ハンギョレ日報「安倍は日韓関係を無責任かつ意図的に放置している!」

ハンギョレ日報は韓国の左派・民族主義的新聞として有名ですが、このような社説を掲載しています。

安倍首相は日韓関係を改善しようともせず無責任である!という論旨ですが、このようなことも書かれています。

 日本の安倍晋三首相は28日、施政演説で韓日関係についてまったく言及しなかった。韓日の軋轢が日帝強制占領期の慰安婦や強制徴用などの過去の問題で、そして最近では日本哨戒機の低空威嚇飛行などの軍事分野にまで拡大している厳重な現実を意図的に無視したのだ。両国の関係を改善するよりも、現在の不和と対立をそのまま放置するという意図に見える。安倍首相の無責任な態度に深い遺憾を表わさざるをえない。

安倍首相が施政演説で日韓関係について言及しなかったことについての怒りをあらわにしている社説です。安倍首相は「このまま韓国政府が慰安婦合意の履行や強制徴用の対処を行わない場合、日韓関係が後戻りできないほど最悪になりますよ」というメッセージを込めて、日韓関係について言及しなかったのだと思いますが、ハンギョレ日報は悪化する日韓関係の原因を安倍首相に求めている格好です。

特に慰安婦合意については日本政府は合意を履行しており、韓国は合意を履行していません。韓国は合意を履行しないまま慰安婦問題を放置しており、無責任かつ意図的に放置しているのは韓国政府であるといえます。

さらに徴用工については韓国の行政府は「日韓請求権協定で解決済み」という認識であるにも関わらず、韓国の司法部は「日本の企業は賠償せよ」という認識であり、行政府と司法部で韓国内の認識が異なっているにもかかわらず、何も動こうともしません。

 古びた韓日の軋轢の火種が軍事分野まで広がった責任は日本にある。日本は昨年突然「東海上で韓国海軍の駆逐艦が射撃統制レーダーで自国の海上哨戒機を照準する威嚇的な行動をした」と公けに主張し、混乱を引き起こした。その後も日本海上の哨戒機が低空近接飛行を続けて軍事的緊張を高めている。それなのに新年の施政演説でこれに関する何の言及もなしに、知らぬふりをして無視するばかりとは、韓日関係を今後どのようにしていこうというのか、安倍首相に厳重に尋ねたい。

最悪なのはレーダー照射事件です。韓国政府は「すべてのレーダーを照射した」→「一切のレーダーは使用していない」→「むしろ日本の哨戒機が低空飛行したことが問題だ!」と説明が二転三転したことをハンギョレ日報は全く無視しています。韓国政府はこの問題についてもあまり介入しようともせず、放置している状態です。

私から言えるのは日韓関係を無責任かつ意図的に放置しているのは安倍首相ではなく、文在寅大統領であるということです。少なくとも徴用工問題にしろ慰安婦問題にしろ、ボールは韓国側にあるのであり、韓国側が変化しなければ何も変わらないということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です